プロダクトデザイナーの鈴木啓太が発起人となり、現在8軒の工房が参加しているONE FLOWERWARE。スタートするきっかけとなった、3つの想いを紹介します。

1. 季節の豊かさを傍らに

外出自粛やリモートワークが進むなか、世界中で自然に触れる機会が減少しています。特に日本では桜の開花時期と重なったこともあり、多くの人が移りゆく自然の美しさを懐かしく思ったのではないでしょうか。日々の緊張を少しでも癒すため、豊かな季節感を感じさせてくれる器をお届けしたいと思いが出発点となり、モダンかつ親しみのある花器のデザインが生まれました。

 


 

2. 全国の職人たちと支え合う

焼き物市などのイベントを通して、生計を立てている工芸の職人たち。イベントが集中するゴールデンウィークの催し物はすべて中止となり、新規の注文もキャンセルが相次ぎ、観光客の途絶えた工房で先の見えない不安と闘っています。分業制で成り立つ工房も多いため、ひとつの工房が廃業になれば、長年培ってきた伝統や技が一瞬で失われる可能性も。日本が誇る工芸が人々の生活を潤し、また人々も工房を応援することで、新型コロナウィルスの収束後も永く続くつながりを目指しています。

 

 

3. デザイナーが今できること

外出を控えるなかで、自然を懐かしむ気持ちをデザイナーの鈴木自身も経験。またつながりのある工房や職人たちの苦境を聞くうちに、「自分が今、プロダクトデザイナーとして世界にできること」を考え始めました。しかし医療分野のデザインには、知識や経験が足りず一朝一夕では取り組めないと判断。生活用品という自身の得意分野で、買い手も作り手も豊かに暮らすことを願い、ONE FLOWERWAREのアイディアに辿り着きました。

 

 

ブランド名について

「ともに苦しいときを過ごす職人とお客さんをひとつにつなげる」という想いをこめたOneと、「花を活ける花器」を示すFlowerwareを組み合わせました。

Flowerware Flower(花)+ware(知覚する)〉は、TablewareHardwareなどと同じ語源を使用した造語です。