Sugitanigama Ichuan

佐賀県・唐津焼(陶器)

土と手仕事を重視し、多彩な表現をもつ唐津焼。茶の湯の世界では「一楽、二萩、三唐津」と呼ばれるように、茶陶器の名品三指として愛されてきました。起源は諸説あるものの、発祥はなんと室町時代。その後、華麗な文化が花咲く桃山時代に行われた豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、連れ帰った朝鮮陶工の力で全国へ発展しました。多彩な釉薬、筆による描画、蹴り轆轤(ろくろ)での成形や登窯(のぼりがま)での焼成は、どれも日本初の技術だったそう。

現在唐津市に点在する約70の窯元には大きな会社は一軒もなく、自ら土作りから焼成まで手掛ける小規模の窯元が中心です。日々それぞれの感性と技術と磨き合いながら、切磋琢磨しています。

杉谷窯異中庵を営むのは、唐津焼協同組合の理事長を務める夏秋隆一さん。唐津焼が好きなお父様の影響を受け、陶芸家の道を歩むことに。「唐津焼は昔からの意匠を作り続けることが多いので、今回の球体は全く新しく、まさに挑戦。長年仕事をしていますが、花器を作るのも初めてでとても勉強になりました。野の花をみて、自分なりに三島唐津の新しい花の模様を作ってみました。花を活けて、花の姿を眺める。そのどちらも、前向きに楽しんでもらえればと思っています」

http://karatsuyaki-kamamoto.jp/pdf/33_sugitanigamaityuan.pdf