Kishitakegama Sanki-an

佐賀県・唐津焼(陶器)

土と手仕事を重視し、多彩な表現をもつ唐津焼。茶の湯の世界では「一楽、二萩、三唐津」と呼ばれるように、茶陶器の名品三指として愛されてきました。起源は諸説あるものの、発祥はなんと室町時代。その後、華麗な文化が花咲く桃山時代に行われた豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、連れ帰った朝鮮陶工の力で全国へ発展しました。多彩な釉薬、筆による描画、蹴り轆轤(ろくろ)での成形や登窯(のぼりがま)での焼成は、どれも日本初の技術だったそう。

現在唐津市に点在する約70の窯元には大きな会社は一軒もなく、自ら土作りから焼成まで手掛ける小規模の窯元が中心です。日々それぞれの感性と技術と磨き合いながら、切磋琢磨しています。

三帰庵という窯名は、「三回帰依する」という仏教の教典が由来。唐津焼協同組合の副理事長である冨永祐司さんは、「実は春からイベントのキャンセルが続き、少し制作意欲がダウンしてしまっていました」と話します。「でもこの話を頂いたとき、「よし、頑張ってやってみよう」と思ったんです。今回は珍しい球体という形だったので、粉引(こひき)でも釉薬のかけ方を工夫し刷毛で塗るように。唐津は茶器で有名ですが、茶器に限定せず、是非様々な生活の場で使って頂きたいですね」

http://karatsuyaki-kamamoto.jp/pdf/11_kisitakegamasankian.pdf